熱海で起こるアートの渦!!「ATAMI ART GRANT 2022」は明日11/3から

③イベント情報

PROJECT ATAMI 実行委員会は「渦ーSpiral ATAMI」をテーマに「ATAMI ART GRANT 2022」を2022年11月3日から11月27日の期間、熱海のACAOエリア、駅周辺エリア、来宮エリア、起雲閣エリアなどで開催します。

今回は、新たな試みとして、アートに興味のあるお客様に熱海を楽しんでいただくため、NFTを活用したスタンプラリーを開催します。NFTは米澤柊と岸裕真によるコラボレーション作品となります。

©️ATAMI ART GRANT 2022, Artwork by Masahide Matsuda,《The Big Flat Now》, photo by Naoki Takehisa©️ATAMI ART GRANT 2022, Artwork by Masahide Matsuda,《The Big Flat Now》, photo by Naoki Takehisa

熱海で起こるアートの渦

11月3日(木・祝)からスタートする「ATAMI ART GRANT 2022」のみどころをお届けします。建物自体も特徴的なACAO SPA & RESORTのHOTEL ACAO ANNEXでは、40組以上の作家がインスタレーションを展開。ACAOエリアでは、「六本木アートナイト2022」でも話題を呼んだ松田将英による巨大なバルーン作品。アラブ首長国連邦と日本の外交関係樹立50周年を記念して開催されるソフィー・麻由子・アルニによるキュレーション展「East-East: UAE meets Japan Vol.5, Atami Blues」。 ホテルのフロアをまるごと使用し、現実と虚構を行き来する没入型空間を生み出した冨安由真。森山泰地によるプールに演出された庭。さらには、小金沢健人によるホテルの看板自体をモチーフにした夜の熱海のランドスケープとなる作品など、見どころ盛りだくさん。


 

■「FUN FAN NFT」とは
NFTのオフライン体験を実現するWebアプリです。アーティストやイベント主催者、店舗や施設など、さまざまな事業者はNFTを作成でき、来場者にQRコードを通して提供できます。「現場で貰えるNFT」が新たなエンタメ提供と効果的で継続的な集客を支えます。スタートバーンとアートビートが運営のもと、アートのためのブロックチェーンインフラ「Startrail」が活用されています。【 公式サイト 】https://funfan-nft.com/lp

「ATAMI ART GRANT 2022」概要

名 称:ATAMI ART GRANT 2022(アタミ アート グラント 2022)
         https://atamiartgrant.com/

日 時:2022年11月3日(木・祝)〜2022年11月27日(日)11:00〜18:00(17:00受付終了)
*会場により月・火は閉館。

会 場:ACAO SPA & RESORT、ACAO FOREST、Article Atelier & Gallery、熱海魚市場、熱海倶楽部リゾート&スパ、熱海温泉 古屋旅館、Atelier&Hostel ナギサウラ、cafebar&guesthouse ennova、起雲閣、來宮神社、キュレーションホテル 桃山雅苑、月の栖 熱海聚楽ホテル、バーコマド、姫の沢公園、nagisArt café、marunowa、薬膳喫茶gekiyaku、合宿所yutorie など熱海の協力施設や公共スペース

【作品鑑賞パスポート】
【一般】
① 早割:¥2,500 (9/15(木)〜10/5(水))※Peatixのみでの取り扱い
② 前売:¥3,000 (10/6(木)〜11/2(水))
③ 当日(会期中):¥3,500 (11/3(木・祝)〜11/27(日))

【大学生・高校生・専門学生】※会場受付にて学生証の提示が必要です。
① 前売:¥2,500 (10/6(木)〜11/2(水))
② 当日(会期中):¥3,000 (11/3(木・祝)〜11/27(日))

※中学生以下、入場無料
※施設によっては別途入館料、もしくはワンオーダーが必要な場合があります。
※一部、無料で観覧できる会場もございます。
※各サイトで購入した引換券(紙・電子)を会場受付にて提示の上、作品鑑賞パスポートとお引換えください。
※引換券をお持ちの方は、会期中、いつでも作品鑑賞パスポートとのお引換えが可能です。(事前予約不要)
※作品鑑賞パスポートは、各アート作品を鑑賞でき、会期中有効です。
※作品鑑賞パスポートを紛失された場合は、再度のご購入が必要です。
※先行チケットはこちらから→https://aag2022.peatix.com/

Source://PR TIMES

コメント

タイトルとURLをコピーしました