株式会社trippieceが熱海市観光協会の協力のもと「#エピソード花火」企画を開始!!プレゼントキャンペーンで熱海海上花火大会RETRIP特別席が当たる

株式会社trippieceは、静岡県熱海市の熱海市観光協会の協力のもと、2021年10月30日より、「#エピソード花火」の提供を開始します。

■「#エピソード花火」企画とは・・・

SNS上でハッシュタグ「#エピソード花火」を活用し、花火の画像、花火にまつわるエピソードを投稿・閲覧し、今見ることのできない花火大会を、どこでも、誰でも楽しむことができる企画です。昨年、そして今年も、コロナの影響により、全国の花火大会が多数中止となりました。日本の風物詩である花火はこのコロナ禍の約2年間、今まで通りに盛大に打ち上がることはありませんでした。またその裏では、物理的な花火大会が無くなっただけでなく、毎年の花火大会で生まれるはずだった家族・友達・恋人との素敵なエピソード、花火大会に携わる事業者の想いまでもが、失われました。盛大に打ち上げができない今、私たちにできるのは、あの花火大会の楽しさ、素敵なエピソードをシェアできる場所をつくることだと考えました。一人ひとりの思いが希望の輝きになり、いつかリアルで開催される花火大会につながって、大きく花開くことを願い、この企画をリリースします。花火は幸せと希望をもたらします。またいつか花火大会が盛大に実施されるときに「花火を見に行こう」と一人でも多くの人が思っていただければと願います。

■「#エピソード花火」企画の配信について

旅行・おでかけサービス「RETRIP」では、これから上がる花火の画像や映像を配信すると共に、熱海市観光協会と連携し、熱海海上花火の様子を全国のみなさまに配信します。

オンラインLIVE配信

第1弾として、2021年10月30日 20時より弊社SNSアカウントでInstagram LIVE配信を行います。
RETRIP Instagramアカウント
https://instagram.com/retrip_nippon/

こちらのアカウントをフォローして、当日、熱海海上花火の様子をLIVEでお楽しみください。
※日程はコロナ感染予防対策や天候の都合により変更の可能性がございます。

本日より全国の「#エピソード花火」を募集

みなさまがお持ちのSNSアカウントからハッシュタグ「#エピソード花火」を付けて全国の花火大会の 素敵な思い出やエピソードを投稿してください。エピソードは、実話でも創作でも投稿可能。自分の画像を使って投稿いただくのもよし、イメージ写真を使って投稿いただくのもOKです。投稿は本日より受付を開始します。

みなさまの素敵な花火大会エピソードの投稿をお待ちしています!
 ※投稿ルールとして、他人を傷つけるような投稿はNGとなります。
 ※花火のイメージ画像を使いたい場合は、こちらからダウンロード可能です。
 10月30日以降は熱海海上花火写真も追加致します。
 URL:https://bit.ly/2XOHDpU
 

プレゼントキャンペーン (10月30日までに詳細発表!)

今回、熱海市観光協会様にご協力頂き、素敵な「花火エピソード」を投稿していただいた方の中から抽選でこの秋・冬で行われる予定の「熱海海上花火大会」のRETRIP特別席にご招待致します。
※新型コロナ感染予防の観点から、健康状態の確認とソーシャルディスタンスを確保しての鑑賞となります。 
※当選のご連絡は当選者のみに各種SNSのDM (ダイレクトメッセージ)機能から行います。

プレゼントの詳細は10月30日までに追って弊社SNSアカウントよりご連絡致します。
RETRIP公式Instagramアカウント(RETRIP日本)

https://www.instagram.com/retrip_nippon

RETRIP では今後も地域の魅力を多様な形で発信し、マーケティング活動としても活かしていただけるような企画を取り組んでいく予定です。

また、10月23日(土)は、歴史ある打ち上げ花火の製造会社である株式会社イケブンが主催する花火イベント、「#海と干物と音楽と」静岡熱海花火フェスティバルが行われます。
音楽と花火でいつもと違う感動体験をお楽しみください。
イベント詳細はこちら
https://www.ataminews.gr.jp/hanabifestival/

karahiro

.NEWS3サイトの発行元

広告収入目的のwebサイト乱立による情報過多や、ロシアによるウクライナ侵攻をきっかけに皆の目が“情報の出処”にも行く様になったでしょう

当サイトは「書き手がバイアスを掛ける事なく当事者が出した内容をそのままに」を理念としており、また以前熱海でカフェ店を運営していた際に感じた“情報に対する不正確さ不公平さ”を反面教師として発行を開始

当初はドメイン・サーバー代を賄う程度にAdSense広告を入れてたが仮に1円でも得ていたら説得力に欠けるし、自分の理念に時代が少しはマッチして来たかなと感じこれを契機に広告を全て撤廃し自信もって「金が目的ではない」を謡う

※詳細説明は個人blogにて

おすすめ記事