熱海アカオリゾートが自然の恵を堪能するデイユースプランを限定販売へ

株式会社ホテルニューアカオが運営するアカオリゾートは、2021年8月28日(土)~9月30日(木)の期間、アカオハーブ&ローズガーデン・相模灘を一望する絶景スパ施設・オーシャンビューのスタンダードツインを最長9時間(9:00~18:00)利用できるデイユースプランを、大人1名につき14,450円(税込/平日)、1日5組限定で販売します。

デイユースプランには

近海で採れた新鮮なアワビや金目鯛をふんだんに使用したランチ、大海原を臨むラウンジでのフリードリンクなどが含まれ、充実した1日をお過ごしいただくことが可能です。都心から、わずか1時間でアクセスできる熱海は、若者をはじめ幅広い年齢層が足を運ぶ温泉地であり、その気軽さから、日帰り旅行の需要が年々高まっております。このたび販売を開始したデイユースプランには、相模灘を見下ろす20万坪の広大な丘陵地に、個性豊かな12のテーマガーデンが点在するアカオハーブ&ローズガーデンの入園料、オーシャンビューの広々としたスタンダードツインの客室、2018年のオープン以来、美肌の湯と称され、海と一体化したように見えるインフィニティデザインを取り入れた露天風呂「スパリウムニシキ」と、檜が香る内風呂「彩海」のご利用、近海で採れたアワビ・金目鯛をふんだんに使用したランチ(5,500円/税込)、大海原を臨むラウンジでの生演奏と、フリードリンクなど、熱海の魅力を余すことなくお楽しみいただけます。大自然を満喫、遊び疲れたあとはスパで疲れを癒し、お部屋でゆったりとくつろぐ、充実した1日をお過ごしください。アカオリゾートは、海外リゾート地さながらのリラクゼーションと、日本ならではのおもてなしの心をもって、熱海にしかない非日常体験の提供を目指します。

デイユースプラン概要

期        間:2021年8月28日(土)~9月30日(木)
料        金:大人 平日・日曜日14,450円 土曜日17,750円(税込、入湯税150円込)
      小学生 平日・日曜日10,010円 土曜日12,320円(税込)
      ※1室1名利用の場合は5,500円(税込)増
ア ク セ ス:JR熱海駅より 無料送迎バスで約10分
                  JR熱海駅より 東海バスまたは「湯~遊~バス」で錦ヶ浦バス停下車
ご予約方法:Web https://is.gd/AkaM5N
                  電話 0557-83-6161

■プランに含まれるもの

(最長9時間/9:00~18:00)
・熱海駅とアカオリゾート間の送迎バス
・アカオハーブ&ローズガーデンの入園券(1,500円/おひとり様につき1枚)
・「スパリウムニシキ」「彩海」の2つのスパ施設のご利用
・34㎡のスタンダードツインのご利用
・和食レストラン「舞扇(まいせん)」 でのランチ(5,500円/税込)
・ロイヤルウイング内ラウンジでのソフトドリンク

【スパリウムニシキについて】
2018年誕生、断崖に建つスパリウムニシキは、相模灘を一望するオーシャンビューの景色が美しい大浴場です。趣向を凝らした2つの露天風呂は、海と一体化したように見えるインフィニティデザインを取り入れた露天風呂と、湯船に3段に段差を付け、前方にいる人影を気にする事なく景色を楽しめる段々湯の露天風呂があり、時間によって移り変わる熱海の海と空を全面にお楽しみいただけます。塩化物泉の源泉は血行を促進し肌の表面に塩分の膜が作られる保温効果で時間が経っても温かさが持続します。また塩の殺菌効果で切り傷や肌荒れなどの回復を助け、塩分の膜が保湿効果も高め、しっとりとした肌になる「美肌の湯」と言われています。

【アカオリゾートについて】
1954年に赤尾旅館として創業を開始し、錦ヶ浦に用地を構えてからは、錦崎庭園、扇崎庭園の整備を進め環境保全に取り組みながら、1973年ホテルニューアカオの営業を開始いたしました。アカオリゾートの原点である「人の通りにくい道」を体現すべく、ホテル事業に留まることなく、丘陵を活かした立体感のあるアカオハーブ&ローズガーデンや、プライベートな空間を演出し、自然を間近に感じるアカオビーチリゾートなどの事業も幅広く展開しています。

社         名:株式会社ホテルニューアカオ
代   表   者:代表取締役会長CEO 中野善壽
所   在   地:〒413-8555 静岡県熱海市熱海1993-250
設         立:1970年6月
U    R    L :http://www.i-akao.com/newakao

karahiro

.NEWS3サイトの発行元

広告収入目的のwebサイト乱立による情報過多や、ロシアによるウクライナ侵攻をきっかけに皆の目が“情報の出処”にも行く様になったでしょう

当サイトは「書き手がバイアスを掛ける事なく当事者が出した内容をそのままに」を理念としており、また以前熱海でカフェ店を運営していた際に感じた“情報に対する不正確さ不公平さ”を反面教師として発行を開始

当初はドメイン・サーバー代を賄う程度にAdSense広告を入れてたが仮に1円でも得ていたら説得力に欠けるし、自分の理念に時代が少しはマッチして来たかなと感じこれを契機に広告を全て撤廃し自信もって「金が目的ではない」を謡う

※詳細説明は個人blogにて

おすすめ記事