熱海市網代で「熱海の海と魚を知る体験イベント」を開催!!

〜アジやサバなど多様な“未活用魚”の価値化を通じて豊かな熱海の海を知ってもらおう

「海と食の地域モデルin熱海」は2021年度より、熱海の海の豊かさや魅力を伝えるというビジョンのもと、熱海で意図せず獲れてしまう「未活用魚」の価値化を入り口に、
・地域でも知られていない、アジやサバなどを含む“多品種小ロットな未活用魚”の認知向上
・多種多様な魚が獲れる、熱海の海の豊かさや面白さを知ってもらう
・“海のコンテンツ”や海に関わる人材や、新しい海にまつわる食文化の可能性を育てていく
ことを掲げ活動していきます。

初回の取り組みとして、7日4日(日)に熱海市網代漁港にて、小学生とその親御様を対象に、網代漁港に並ぶ多様な未活用魚を見て、触って、料理したり、網代漁業株式会社独自の取り組み「網代型蓄養」の見学や餌やり体験などを実施する、熱海の海と魚を知る体験イベント「熱海・めぐる海の学び舎」を実施します。このイベントは、次世代へ海を引き継ぐために、海を介して人と人とがつながる“日本財団「海と日本プロジェクト」”の一環です。

<プロジェクトの背景/イベント概要>

「アジ」も「サバ」も未活用魚の一種って知ってた!? 日本の魚種の3割が獲れる豊かな熱海の海。未活用魚の価値化などを通して、熱海の海への興味や理解を広げていきます

相模灘には日本の魚種の3〜4割(約1500種類)が生息していると言われており、熱海の海には地形的特徴も背景に豊かな生態系があります。主要漁法である定置網漁でも、アジ、イワシ、サバ、カツオなど年間を通して多種多様な魚が獲れます。定置網漁は、固定された網に集まってくる魚を待ち、魚は一度網に入っても出ていくことができるため、最終的に捕獲するのは網に入った魚の2〜3割。「獲り尽くさない」漁法として知られています。ですが、そんな海に優しい漁といえども、価格がつかない・低い、買い手がつかない「未活用魚」が一定数獲れてしまいます。
例えば、私たちがよく食べている「アジ」も流通に乗るのはマアジがほとんどで、アオアジやメアジといったその他のアジは、価格がつきづらく買い手がありません(※1)。また、春夏のサバは細く痩せており、脂があまりのっていません。獲れてもあまり価値が出ない“未活用魚”なのです。

そこで本イベントでは、「熱海の海の豊かさや魅力を伝える」というビジョンのもと、そんな熱海でうまく活用できていない「“多品種小ロット”の未活用魚」を入り口に、子供たちに多様な魚が獲れる熱海の海の豊かさや面白さ、反対に問題点などを伝えるとともに、以前より行われている、意図せず取れてしまった未活用魚の価値をあげる“網代型蓄養”(※2)を体験してもらい、楽しみながら未活用魚の現状や取り組みを伝えていきます。熱海は、江戸時代をピークに豊かな海の恩恵を受けて発展した一大海洋拠点でした。これまで時代とともに新たな挑戦をし、そしてそれに伴い新たな食文化を生んできました。本イベントを皮切りに、未活用魚の認知向上、価値化、商品化など、さまざまな取り組みを実施していきます。それら取り組みを通じて、熱海の豊かな海をより理解、体感してもらうとともに、新しい食や海の楽しみ方や食文化の可能性を育てていきます。

※1:地域によっては、アオアジの価値が高い地域もあります。
※2:網代型蓄養:網代漁業株式会社が行っている取り組みです。熱海の主要漁法である定置網漁で、意図せず獲れてしまったサバなどの未活用魚を捨てたり、低価格で流通させるのではなく、価値が出る大きさになるまで育てて出荷しています。

イベント
タイトル
熱海・めぐる海の学び舎
実施団体主催:海と食の地域モデルin熱海(NPO法人atamista)
共催:日本財団 海と日本プロジェクト
日時2021年7月4日(日)午前6時~午前11時30分 (受付開始 5時30分~)
会場網代漁港(静岡県熱海市網代100-7)
◆当日の緊急連絡先:090-3309-3788(担当:水野)
アクセス伊東線「網代駅」徒歩10分(※駐車場をご希望の方は事前にお知らせください)
体験プログラム詳細◇6:00〜6:15   運営側から今日の流れ、注意のお願い等々のお知らせ
◇6:15〜6:45 網代漁港では何が獲れるのか。市場に並ぶ魚を見てみよう
◇6:45〜7:45
こんなに多様な魚が獲れるのはなぜ? 知っているようで知らない熱海の海のこと。熱海の海(相模湾)の特徴を知ろうをテーマにレクチャー
・ゲスト:水井涼太様(特定非営利活動法人ディスカバーブルー 代表理事)
◇7:45〜8:00
トイレ休憩など
◇8:00〜8:15
蓄養って知ってる? 未活用の魚の価値化をする網代漁港の動きについて
・ゲスト:山村 豊様(網代漁業株式会社 蓄養ご担当)
◇8:15〜9:45
船に乗って、蓄養の餌やりを体験しよう
・船に乗り蓄養の生簀に行き、餌やりの現場を体験する
◇9:45〜10:15 ワークショップ。熱海で獲れた未活用魚を触って絵を描こう。
◇10:15〜11:00 未活用魚をさばいて料理しよう
・ゲスト:宇田 勝様(株式会社宇田水産代表/魚のさばき方レクチャー)
◇11:00〜11:30 みんなでいただきます
◇11:30 イベント終了

※当日の状況で時間や内容が変更、前後する可能性があることをご了承ください。
※雨天決行ですが、中止の場合は事前にご連絡致します。
参加方法お申し込み・お問い合わせ
主催:海と食の地域モデルin熱海(NPO法人atamista)
メール:umiproatami@gmail.com
URL:https://forms.gle/RYgAKdnocjdUYS8GA
※または、下記QRコードからの申し込みフォームを読み込んでください。

▼申し込みフォームQRコード

事業概要

事業名称:海と食の地域モデルin熱海(NPO法人atamista)
電話番号:090-3309-37888(担当:水野)
プロジェクト責任者 :水野綾子
活動内容:「熱海の海の豊かさを」への興味を高め理解を深め、海に関わる人材や団体を可視化・接続・育成へとつなげたり、文化や食の可能性を育てるため、熱海で獲れる“多品種小ロット”の未活用魚の価値化を多角度的に実施していく。
SNS:https://bit.ly/3gczUIk

日本財団「海と日本プロジェクト」

さまざまなかたちで日本人の暮らしを支え、時に心の安らぎやワクワク、ひらめきを与えてくれる海。そんな海で進行している環境の悪化などの現状を、子どもたちをはじめ全国の人が「自分ごと」としてとらえ、海を未来へ引き継ぐアクションの輪を広げていくため、オールジャパンで推進するプロジェクトです。
https://uminohi.jp/

karahiro

.NEWS3サイトの発行元

広告収入目的のwebサイト乱立による情報過多や、ロシアによるウクライナ侵攻をきっかけに皆の目が“情報の出処”にも行く様になったでしょう

当サイトは「書き手がバイアスを掛ける事なく当事者が出した内容をそのままに」を理念としており、また以前熱海でカフェ店を運営していた際に感じた“情報に対する不正確さ不公平さ”を反面教師として発行を開始

当初はドメイン・サーバー代を賄う程度にAdSense広告を入れてたが仮に1円でも得ていたら説得力に欠けるし、自分の理念に時代が少しはマッチして来たかなと感じこれを契機に広告を全て撤廃し自信もって「金が目的ではない」を謡う

※詳細説明は個人blogにて

おすすめ記事