まるで熱海伊豆食材のショールーム! 海鮮エンターテイメント食堂「熱海銀座 おさかな食堂」 8月8日オープン

株式会社夢タカラは、ブーム再燃で賑わいを見せる熱海銀座商店街に熱海・伊豆の地場食材をメインに使った海鮮エンターテイメント食堂「熱海銀座 おさかな食堂」(夜はおさかな酒場)を8月8日(木)16時よりオープンするとリリースしました。

プレスリリースより

“地魚”の宝庫

意外と知られていませんが、熱海市内には網代や伊豆山、大熱海に初島など、実に数多くの漁港があります。そして熱海の漁港は、地あじや網代サバ、熱海サーモンに金目鯛、貝・エビ類など豊富な魚介類が水揚げされる、“地魚”の宝庫なのです。

まさに“熱海でしか”味わえない脂乗り抜群の「地魚」の魅力をより多くの方々に味わってほしい、そんな思いから地場食材を使った海鮮エンターテイメント食堂「熱海銀座 おさかな食堂」をオープンさせるとの事です。

“熱海ノスタルジー”がコンセプト

熱海銀座の空き店舗をリノベーションした当店は「古き良き熱海らしさと新しい熱海」を表現した“熱海ノスタルジー”がコンセプト。オープンキッチンを中心に刺身、炉端、蒸しなど様々な形態で作りたてを提供します。

プレスリリースより

一押しメニューは何と言っても鮮度抜群の地魚丼!近隣漁港から仕入れた地あじや地サバ、金目鯛など大きめにカットし、贅沢にのせた海鮮丼や定食をランチ帯で提供します。さらに店内で目を引くのが伊豆名物「高足ガニ」の生け簀!おさかな酒場となるディナー帯では、獲れたて新鮮の「高足ガニ」を一匹丸々豪快に刺身、焼き、蒸しとお好きな調理法で堪能できるほか、熱海・伊豆の新鮮魚介類はもちろん、地元産の野菜、肉、そして近隣商店が販売する練り物や豆腐、卵、スイーツなど“こだわりの逸品”も登場します。

■ランチメニュー

ランチは11:00~16:00(L.O. 15:30)まで営業。地魚丼や海鮮丼や定食を提供。

■ディナーメニュー

ディナーは17:00~22:00(フードL.O. 21:00、ドリンクL.O. 21:30)まで営業。自慢の「高足ガニ」をはじめ、地魚や地元産の肉、野菜、近隣商店が販売するこだわりの逸品を使ったメニューまで、熱海グルメを堪能できます。

※ウニは限定5枚

店舗概要

店舗名
熱海銀座 おさかな食堂(夜は、おさかな酒場)
所在地
静岡県熱海市銀座町8-8
開店日
2019.8/8(木)
アクセス
JR熱海駅 徒歩14分
TEL
0557-82-3715
営業時間
ランチ11:00-16:00(LO15:30)
ディナー17:0022:00(フードLO21:00,ドリンクLO21:30)
定休日
無し
席数
65席
公式サイト
http://www.osakana-atami.com/

karahiro

.NEWS3サイトの発行元

広告収入目的のwebサイト乱立による情報過多や、ロシアによるウクライナ侵攻をきっかけに皆の目が“情報の出処”にも行く様になったでしょう

当サイトは「書き手がバイアスを掛ける事なく当事者が出した内容をそのままに」を理念としており、また以前熱海でカフェ店を運営していた際に感じた“情報に対する不正確さ不公平さ”を反面教師として発行を開始

当初はドメイン・サーバー代を賄う程度にAdSense広告を入れてたが仮に1円でも得ていたら説得力に欠けるし、自分の理念に時代が少しはマッチして来たかなと感じこれを契機に広告を全て撤廃し自信もって「金が目的ではない」を謡う

※詳細説明は個人blogにて

おすすめ記事