星野リゾート リゾナーレ熱海で相模湾を望む開放的なテラスで干物を味わえる~ 干物をモチーフにしたアイテム盛りだくさんの「ヒモノルーム」登場

熱海の絶景と温泉に浸るリゾートホテル「星野リゾート リゾナーレ熱海」に、2022年9月1日、干物に囲まれ、干物と一緒に過ごせる「ヒモノルーム」が登場します。干物をモチーフにしたカラフルなアイテムで設えられたリビングルームや、干物に仲間入りした気分を味わえるベッドルームが特徴の、干物尽くしの客室です。本客室では、テラスにて干物を七輪の上で炙って味わうことができるので、目の前に広がる相模湾を眺めながら、干物をとことん堪能するひとときを過ごせます。

背景

秋は脂がのった魚が多く、風が涼しくなることから干物を作るのに最適な季節です。干すことで保存に便利なだけでなく、栄養価やうまみ成分も高まることから、干物は江戸時代より長く日本人に親しまれてきました。アジの干物の生産量と購入量が日本一の静岡県(参考:静岡県公式ホームページ)にあるリゾナーレ熱海では、干物の魅力を再発見するイベントを2019年より実施しています。滞在を通して干物により親しんでもらいたいという思いから、本客室を考案しました。

ヒモノルームの特徴

1 干物と一緒に過ごせる、干物尽くしのリビングルーム

158平米の広々としたテラス付き客室のリビングルームに、干物をモチーフにしたテーブルやクッションを設えます。カラフルな配色によってわくわくする、干物尽くしの空間です。干物クッションに囲まれて写真を撮ったり、干物をモチーフにデザインされたマグカップでティータイムを楽しんだりすることができます。滞在を通して干物と一緒に過ごせるのは、本客室ならではの体験です。

2 干物に仲間入りした気分になれるベッドルーム

ベッドルームに、干物が干される網をイメージしたカラフルなベッドカバーや天蓋、干物をモチーフにしたガーランドを設えます。また、干物の顔がデザインされたナイトキャップと、ヒレのモチーフ付きのパジャマを用意。金目鯛とアジの2種類のデザインがあり、家族みんなで着用して干物になりきることができます。干物クッションと一緒に眠ることで、まるで干物に仲間入りした気分になります。

3 相模湾を望む開放的なテラスで干物を味わう

本客室では、テラスにて干物を七輪の上で炙って味わうことが可能です。伝統的な味付けの「クラシック干物」とハーブやスパイスなどを合わせた液に漬ける新しい味付けの「アップデート干物」の食べ比べセットを用意します。食べ比べを通して、クラシック干物の香ばしい味わいや、アップデート干物の鼻に抜けるスパイスの風味を感じられます。また、干物が干される網をイメージしたハンモックが登場。目の前に広がる相模湾を眺めながら、干物をとことん堪能できるひとときです。

■干物食べ比べセット内容
クラシック干物 :アジ 塩一夜干し、サバ 塩一夜干し、サバ みりん
アップデート干物:金目鯛 ハーブ&ガーリック、アジ ハーブ&ガーリック、銀鮭ハラス チョリソー

「ヒモノルーム」概要

期間    :2022年9月1日~11月30日
料金    :大人1名 43,150円~、小学生1名31,900円~、幼児(4~6歳)24,500円~ *3歳以下無料
(大人2名、小学生1名、幼児1名1室利用時、税込)
含まれるもの:ヒモノルーム1泊、朝食(スタジオビュッフェ もぐもぐ)
定員    :1日1組 *大人2名、子ども2名まで
予約    :7 日前まで公式サイト([https://risonare.com/atami/]{https://risonare.com/atami/})にて受付

sauce:@press

karahiro

.NEWS3サイトの発行元

広告収入目的のwebサイト乱立による情報過多や、ロシアによるウクライナ侵攻をきっかけに皆の目が“情報の出処”にも行く様になったでしょう

当サイトは「書き手がバイアスを掛ける事なく当事者が出した内容をそのままに」を理念としており、また以前熱海でカフェ店を運営していた際に感じた“情報に対する不正確さ不公平さ”を反面教師として発行を開始

当初はドメイン・サーバー代を賄う程度にAdSense広告を入れてたが仮に1円でも得ていたら説得力に欠けるし、自分の理念に時代が少しはマッチして来たかなと感じこれを契機に広告を全て撤廃し自信もって「金が目的ではない」を謡う

※詳細説明は個人blogにて

おすすめ記事