熱海の絶景と温泉に浸るリゾートホテル「星野リゾート リゾナーレ熱海」が見て、食べて、干物の魅力を再発見するイベント「3時のヒモノ」を9/1~11/30に開催

熱海の絶景と温泉に浸るリゾートホテル「星野リゾート リゾナーレ熱海」は、見て、食べて、干物の魅力を再発見するイベント「3時のヒモノ」を2022年9月1日~11月30日に開催します。

干物をモチーフにデザインされたグッズで設えた、ホテル最上階の「ソラノビーチ Books&Cafe」にて、干物になりきるフォトスポットでの写真撮影や、開放的なテラスにておやつタイムに干物の食べ比べを楽しめるイベントです。今回は干物をよりおやつ感覚で楽しめるよう、炙った干物の香ばしい味わいを堪能できる「ヒモノラスク」が新たに登場します。

背景

秋は脂がのった魚が多く、風が涼しくなることから干物を作るのに最適な季節です。干すことで保存に便利なだけでなく、栄養価やうまみ成分も高まることから、干物は江戸時代より長く日本人に親しまれてきました。アジの干物生産量と購入量が日本一の静岡県(参考:静岡県公式ホームページ)にあるリゾナーレ熱海では、干物に親しめるような体験を通して、干物の魅力を再発見してもらいたいと考え、2019年より本イベントを実施しています。

3時のヒモノの特徴

1 干物をモチーフにデザインされたグッズで設えたキュートな空間

ソラノビーチ Books&Cafeを、クッションやサーフボード、ガーランドなど干物をモチーフにデザインされたグッズで設えて、キュートな空間にします。干物が干される網をイメージした「干物ベッド」は、全長約130センチの「干物クッション」と一緒に寝て、干物になりきれるフォトスポットです。干物に囲まれ、自分も干物に仲間入りした気分で記念写真を撮ることができます。

2 おやつタイムにぴったり!スティックタイプの干物を食べ比べる

(1)好みの味付けを見つけ、干物の美味しさに気づく

本イベントでは、味付けによって「クラシック干物」と「アップデート干物」に分類し、それぞれを味わうことができる食べ比べメニューを提供します。クラシック干物は、塩やみりんなどの伝統的な味付けです。一方、アップデート干物はハーブやスパイスなどを合わせた液に漬ける、新しい味付けです。食べ比べを通して、クラシック干物の香ばしい味わいや、アップデート干物の鼻に抜けるスパイスの風味を感じられます。計6種類から好みの味を見つけ、干物の美味しさに改めて気づくことができます。

*協力:アタラシイヒモノ
「フレンチの技術で干物をUPDATEする」をコンセプトに掲げ、「アタラシイ干物体験」として様々なアレンジを加えた干物を開発しています。(運営会社:dot science株式会社)

(2)キュートな干物柄の紙で包むスティックタイプの干物

干物をスティック状にカットして串に刺し、キュートな干物柄の紙に包んで提供します。手軽なサイズなので、小腹の空くおやつタイムにぴったりです。屋外テラスに設置された七輪の上で干物を炙り、熱海の海と街を眺めながら食べることができます。開放的なテラスで干物を味わう、至福のおやつタイムです。

■メニュー:干物2種食べ比べセット1,000円、単品500円~(いずれも税込)
*クラシック干物例 :サバ みりん、アジ 塩一夜干し
アップデート干物例:金目鯛 ハーブ&ガーリック、銀鮭ハラス チョリソー
■備考  :悪天候の場合、室内での提供となります。

3 炙った干物の香ばしい味わいを堪能できる「ヒモノラスク」【NEW】

干物をモチーフにデザインされた、本イベント限定のラスクが新たに登場します。炙った干物の香ばしい味わいを堪能できるラスクです。フレーバーは、干物本来の風味を楽しめるものに加え、干物の風味に、静岡県にちなんで桜エビとあおさをそれぞれ組み合わせた計3種類です。甘酸っぱい柑橘バターをつけて干物の塩気とのハーモニーを堪能したり、桜エビのオイル漬けと一緒に味わうことで食感の変化を楽しんだりできます。ヒモノラスクは、干物と相性がぴったりのオリジナルブレンド「ブルーオーシャンハーブティー」とともに味わうのがおすすめです。小さな干物ベッドに並んだキュートな見た目にもわくわくしながら、干物をよりおやつ感覚で楽しむことができます。

「ヒモノラスクセット」

■内容:ヒモノラスク3種(プレーン干物味2枚、干物×桜エビ味1枚、干物×あおさ味1枚)
トッピング2種(柑橘バター、桜エビのオイル漬け)、ブルーオーシャンハーブティー1杯
■料金:850円(税込) *1日5セット限定

「3時のヒモノ」概要

期間:2022年9月1日~11月30日
料金:入場無料
時間:15:00~17:00
場所:ソラノビーチ Books&Cafe
対象:宿泊者
定員:40席程度

sauce:@Press

karahiro

.NEWS3サイトの発行元

広告収入目的のwebサイト乱立による情報過多や、ロシアによるウクライナ侵攻をきっかけに皆の目が“情報の出処”にも行く様になったでしょう

当サイトは「書き手がバイアスを掛ける事なく当事者が出した内容をそのままに」を理念としており、また以前熱海でカフェ店を運営していた際に感じた“情報に対する不正確さ不公平さ”を反面教師として発行を開始

当初はドメイン・サーバー代を賄う程度にAdSense広告を入れてたが仮に1円でも得ていたら説得力に欠けるし、自分の理念に時代が少しはマッチして来たかなと感じこれを契機に広告を全て撤廃し自信もって「金が目的ではない」を謡う

※詳細説明は個人blogにて

おすすめ記事